イームズの椅子

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > 企画・特集 > イームズの椅子

イームズの椅子

イームズの商品一覧はこちら
Products of the Eames design

今さら聞けない、イームズとは

イームズと聞くと椅子の名前と思う人も多いと思いますが、イームズとはデザイナーのラストネームです。つまり、苗字。チャールズ&レイ・イームズという、夫妻のフルネームを短くし、親しみを込めてイームズと呼んでいます。
しかし、インテリアの業界ではイームズをデザイナー名として使うことよりも、彼らがデザインした家具そのものを指すことが多いです。その中でもシェルチェアという椅子が最も代名詞とされています。
というのも、イームズが世に生み出したデザイン家具の大半が椅子です。
イームズは1950年代(ミッドセンチュリー期)、アメリカのオフィス家具メーカーであるHermanMiller(ハーマンミラー)からのオファーにより、数多くの家具をデザインしました。
当時としては最先端技術からのデザインでしたが、現代のようにコンピュータによるデザインではなく、手や体でシルエットを確かめ、オーガニックと形容される優しいシルエットに仕上がっている椅子が多く、大きな話題になりました。この時代に登場した家具をミッドセンチュリーという言葉で括られるようになったのは何十年も後のことです。

チャールズ&レイ・イームズ夫妻
チャールズ&レイ・イームズ夫妻

イームズハウス
イームズハウス。インテリア好きや建築に関わる方の多くが一度は行ってみたいと憧れるイームズ邸

イームズハウスからのサンタモニカビーチの眺め
イームズハウスから望むロサンゼルスのサンタモニカビーチ

イームズに関するVANILLAのウェブマガジン VANILLAmag

イームズはインテリアそのもの

1950年代という、半世紀以上も前にデザインされた椅子が、今でもインテリアシーンに度々登場しています。
ミッドセンチュリーなインテリアと言えば、色のメリハリが際立ち、ブラウンやブラックといったダークカラーと、オレンジやレッド、イエローなどの暖色が効果的に使われているインテリアスタイルです。
イームズの椅子がデザインされた時代もまさにそのようなインテリアがトレンドでした。

マリーゴールドロッジ
ハーマンミラーのゲストハウス「マリーゴールドロッジ」

現在では、イームズ=ミッドセンチュリースタイルという捉え方だけではなく、実に様々なシーンで使われるようになっています。どの国のブランドで、どこの国籍のデザイナーがいつデザインした家具かといったボーダーはなくなり、あらゆるシーンで登場するようになりました。
ヨーロッパのアール・デコ調の空間にも、アジアンテイストな空間にも、和の空間にも、もちろん北欧スタイルにも。
イームズチェアは一スタイルを担うパーツではなく、もはやインテリアそのもの。同じような位置付けにあるインテリアアイテムは極々わずかでしょう。あらゆるシーンに変化を与え、インテリアの完成度を底上げし、「オシャレ」という言葉を誘い出す最強のプロダクトと言えます。

イームズチェアのあるインテリア

時代を超えて愛されるイームズ

1990年代後半に入り、日本でもイームズの椅子が爆発的に知名度を上げ始めました。
キッカケは雑誌。まだインターネットがない時代の情報源は雑誌であり、雑誌に登場する見たことがないモノにはみんなが興味を持ち、足を使って実物を探す時代でした。
今となっては珍しいデザインではありませんが、初めて目にする人のほとんどは、イームズはオシャレなチェアという印象を持ったはず。
その反面、当時は直線だらけの木のイスがいわゆる「椅子」と認識されていたため、イームズのイスは奇抜とも言える形状で、家庭で普通に使う椅子という選択は決して大きくはなかったはず。
しかし、今ではいつでも簡単に情報を探せる時代となり、イームズチェアのあるシーンが珍しいものではなくなったため、誰もが選びやすくなりました。自分の家にも合わせられるという安心感から、ダイニングのみならず、壁際に1脚だけオブジェのように置くというハイセンスな使い方も一般的になりました。

イームズチェアのダイニングセット
VANILLA特注のイームズチェアイエロー
イームズチェアをリビングで1脚使い

後ろ姿も様になるシェル(貝)と呼ばれるユニークなフォルム

どうしてもお部屋の中で幅を利かせるパソコンエリアはよりコンパクトに。そんなスペースにはイームズのDSRが最適。軽いから片手で『ヒョイっ』 と持ち上げられます。
もっとシンプルなイームズチェアをお探しならDSX
レッグが最もシンプルなイームチェアです。
当時はザ面の下でX字に交差した構造でしたが、現在はH字の構造になりより頑丈な造りになってます。DSXのXはそのなごりなのです。
最もシンプルなイームズチェア4レッグ(旧Xベース)

イームズチェアの後ろ姿

ロッキングという遊び心

ソファやテーブルは機能性重視で、なかなか冒険できない大型家具。
インテリアのエッセンスとしてイームズのアームシェルロッキングをセレクトするだけで、遊び心を満たしてくれる。
仲の良い友人が訪ねてきたら、最初に座る椅子はお決まりのこの椅子。
おしゃれな部屋でよく見かけるちょっと自慢したくなるデザインです。

イームズのロッキングベースの存在感

名作揃いのイームズデザイン
言葉を必要としない美しさ

イームズのアイテムはシェルチェアだけではない。
シンプルさと軽さをコンセプトに、機能もデザインも犠牲にすることなく美しさと実用性を両立したデザイン家具は今でもたくさん存在します。そのほとんどにヴィンテージが存在し、それぞれにファンがいるほどの人気ぶり。
本革のイームズマネジメントチェアの、使い込まれた革のエイジングは新品よりも価値を感じるくらい独特の雰囲気を放ちます。
イームズがデザインした椅子の多くは今もなお、現代の変化に合わせて進化しながら作られ続けています。
「意味がなく装飾的で無駄なデザイン」が溢れた現代だからこそ、彼のデザインが注目されているのでしょう。
モデルチェンジを必要としないイームズのデザインは時代を超え、モノを大切にするという考えが常識的となってきた現代にこそ合ったアイテムです。
僕たちがイームズに惹かれるのは、彼のデザインが言葉を必要としないシンプルな美しさをもっているからだと思います。
また、わずかに感じる「ユーモア」も魅力だと感じております。

イームズラウンジチェア&オットマン
イームズDCMウォールナット

使い込まれたイームズアルミナムのマネジメントチェア
イームズハウスで撮られたウォールナットスツールとアルミナムラウンジチェア

ハーマンミラー社製とヴィトラ社製のみが正規品

日本(アジア)とアメリカにおけるイームズデザイン家具のほとんどはHermanMiller(ハーマンミラー)社製が正規品となります。
一部、ドイツのvitra(ヴィトラ)が製造と販売を手がける商品もありますが、これらももちろん正規品です。vitra社製のイームズ商品は主にヨーロッパ圏に流通しています。この二社だけが「イームズシェルチェア」という正式な名称を使える正規品となります。
イームズの椅子は、その人気の高さから酷似した製品も多数販売されいますが、イームズのデザインと正式に名乗ることができるのはハーマンミラー社製となります。デザインに惚れ込んだのであれば、長く大切に愛用することでしょうから、正規品を選ばれることをオススメいたします。
VANILLAはハーマンミラーの正規代理店としてイームズの椅子を取り扱っておりますので、メンテナンスが必要になった際にもご対応しております。 イームズファンのお客様と共に、イームズのデザインに愛着を持ち、末長くお付き合いさせていただきたいと思っております。

ハーマンミラーのトラック

まず手に入れたいイームズの椅子はズバリDSR!

上記でも少し触れましたが、イームズの代名詞と言える椅子はDSR(ディーエスアール)です。
DSRはダイニング サイドチェア ロッドワイヤーベースの略で、パリのエッフェル塔のような脚のデザインから、通称エッフェルベースとも呼ばれています。 最もスタンダードで最も多く生産されているアイコン的な椅子です。ちなみにサイドチェアとは肘掛のない椅子の総称です。
日本では、椅子=ダイニングで食事の時に座るものというイメージが強いですが、海外のインテリア上級者は道具としての椅子の他に、空気を変えるインテリアとしての椅子として使っています。
視界に入るたった一脚の椅子が与える印象は、とても大きいです。ポップなカラーの椅子なら明るく、直線だらけの椅子なら堅実な雰囲気に、錆びた鉄の椅子なら工業的なイメージに。
イームズのDSRが与える印象は、柔らかさとファッション性です。現在ではウッドシェルと呼ばれる木製のシェル(背もたれと座面の部分:DWSR)も登場しているので、あらゆるインテリアに合わせられると言っても決して言い過ぎではありません。
エッフェルベースの、繊細なのに安定感を感じさせるとデザインと、他に類を見ないユニークな形のシェルの組み合わせがメリハリとなり、お洒落なファッショニスタの着こなしの様な印象を与えます。ボリューム感のあるトップスにキュッと引き締まった艶のあるボトムはファンション用語で言うYラインに値する最もポピュラーなスタイリングのひとつです。
これは多くの人に無意識に「なんかオシャレ!」と感じさせる究極のバランスと言えます。

リビングの片隅に1脚あるだけのイームズウッドシェルチェア

初めてイームズの椅子を買うならこれ

イームズサイドシェルチェアDSRホワイト
イームズサイドシェルチェアDSRホワイト
定番中の定番。コンバースのオールスター的な存在。どんなシーンにも合わせられる洗練されたホワイト。初めての一脚や、ショップなどの業務用にまとまった数を検討中ならまず第一候補にすべきイームズチェアです。当店でも最も在庫数が厚いカラーになります。
イームズサイドシェルチェアDSRブラック
イームズサイドシェルチェアDSRブラック
同じくDSRの超定番。より男らしく、カッコいい印象を与えます。インダストリアル系やコンクリート打ちっ放しの空間にもオススメ。
ホワイトと合わせてコントラストを加えるならブラックがおすすめ。一人部屋のデスクチェアや男前なインテリアを目指す方にも1脚でその存在感が伝わる優れものです。
イームズサイドシェルチェアDSWホワイト
イームズサイドシェルチェアDSWホワイト
ちょっと人と違う上質な雰囲気を求めるならウッドレッグのDSW。ハーマンミラーでの正式名はダウェルレッグ。金属脚のDSRよりも大人っぽい印象で、北欧スタイルのインテリアにもよく合うデザインです。足の素材はウォールナットやアッシュというオプションもありますが、定番はメープルです。

椅子以外でイームズアイテムをゲットするなら

イームズハングイットオール
イームズハングイットオール
壁に取り付けるカラフルなハンガー。イームズデザインの商品の中で最もお手頃な価格のアイテムです。
その名の通り、何でも掛けてしまえ!的な面白いコンセプト。ネルソンのボールクロックにも見られるカラフルなデザインで、オシャレ感とかわいさと実用性を兼ねそろえたアイテムです。
イームズハウスバード
イームズハウスバード
旅好きなイームズがアパラチア山脈付近で見つけた民芸品。イームズのデザインではないですが、彼のお気に入りでイームズハウスの目立つ場所に飾られ、度々雑誌でも露出されていことから、vitraによって製品化されたものです。無駄がなくシンプルなフォルムですが、美しい曲線美が彫刻的でもあり、イームズが気に入っていた理由がよくわかります。

自分専用の椅子として買うなら

イームズプライウッドチェア LCW
イームズプライウッドチェア LCW
整形合板の名作中の名作。LCWはラウンジチェア ウッドの略。これ以上足すことも引くこともできないシンプルで完璧な彫刻的な造形美。
イームズファンの間では憧れの一品の一つ。初期のエヴァンス社が製造したものはヴィンテージとしての価値が非常に高く、30万円前後で取引されることも多々。改良を繰り返し、廃盤になることなく今日まで作り続けられているこの椅子は、買ったその日から自分で育てる未来のヴィンテージと言えるでしょう。
イームズラウンジチェア&オットマン
イームズラウンジチェア&オットマン
言葉で説明する必要のないイームズの超傑作。還暦祝いに父に贈るといった粋な実話も耳にするイームズのラウンジチェア&オットマン。世界中に愛用者がいるという数くすないリラックスチェアの代表格と言えます。また、インテリアショップのスタッフに限らず、アパレルショップの方やデザイナー、建築家といった、デザインに関わる人なら誰もが知っている椅子と言えます。
これまで数えきれないほどの椅子を見て来ましたが、これを超える名作だと言えるものは無いに等しいと言えるでしょう。そんな特別なチェアです。
組み立ての順番を待つイームズラウンジチェアのシェルパーツ
アッセンブリ(組み立て)を待つラウンジチェアのパーツの山

VANILLAオリジナルのオプションアイテム

イームズシェルチェア用グライズキャップ
イームズシェルチェア用グライズキャップ
長年イームズチェアを販売し続ける中で、最も多いお客様の要望から製品化したイームズシェルチェア専用のフローリングを保護するフェルトキャップ。靴を脱いで過ごす日本では、椅子の移動でフローリングに傷が付くことを嫌がる方がとても多いです。
市販の粘着タイプのフェルトは徐々に剥がれてしまうため、そうならない樹脂製のキャップを作りました。イームズのヴィンテージ品を所有の方は、床よりも脚の先端のグライズを保護するという目的の方も多いようです。
イームズシェルチェア用シートパッド
イームズシェルチェア用シートパッド
より快適な座り心地と、ポップなカラーリングで見た目の変化が楽しめるVANILLAのロングセラーアイテムです。しっかりとした厚みのあるファブリックを使い、必要最低限の厚みで作りました。イームズチェアはシェルの形が体にフィットするデザインですが、このパッドを座面に置くだけでより快適な座り心地が得られます。
厚すぎるとクッション性は高くなるものの、シェルの形状にフィットしにくく浮いて見えてしまうため、美観を優先しあえて薄いウレタンを使用しています。

イームズの商品一覧はこちら
Products of the Eames design