botto vanilla オリジナルタペストリー

なにもしないでいる、って実は難しい。
暇があればスマートフォンを見てしまう私達の生活には、
脳を休息させる時間が必要と言われています。
bottoは、そんなきっかけを作るアートシリーズ。
アーティストが飾るシーンを選び、
新作を定期的にリリースしていきます。

「まぁ、細かいことはいいから、ぼーっとしようよ。」
そんな、オフるアートがvanillaオリジナルアイテムとして誕生しました。


シーン
sofa

bottoはタペストリーを家具のひとつと見なしました。
飾るシーンに合わせてサイズを選び、アートに不慣れな方でも取り入れやすいアートを目指しています。
今回のシーンはsofa。ソファに座ってコーヒーを飲みながら眺める、ソファに寝転がり斜め下からぼーっと見る。
適度な距離感で眺めるアートは、幅90cmという大きめなサイズ展開となりました。

タペストリーアンフォーカスフラワー

unforcus / flower
ボットー アンフォーカス/フラワー

Masahiko Setoyama
Mayumi Ozawa

サイズ/幅90.0 高さ119.0 厚さ2.0cm(フレーム含む)
重さ/約460g(フレーム含む)
素材/ファブリック 綿100%
製法/捺染3色

商品ページへ

タペストリーアンフォーカスキャット

unforcus / cat
ボットー アンフォーカス/キャット

Masahiko Setoyama
Mayumi Ozawa

サイズ/幅90.0 高さ94.0 厚さ2.0cm(フレーム含む)
重さ/約405g(フレーム含む)
素材/ファブリック 綿100%
製法/捺染2色

商品ページへ

タペストリーアンフォーカスバニラソフト

unforcus / vanilla soft
ボットー アンフォーカス/バニラソフト

Masahiko Setoyama
Mayumi Ozawa

サイズ/幅90.0 高さ73.0 厚さ2.0cm(フレーム含む)
重さ/約380g(フレーム含む)
素材/ファブリック 綿100%
製法/捺染3色

商品ページへ

捺染風景

Crafted in Japan

bottoは全て日本の職人による手作り。 Made in Japanならぬ、Crafted in Japan。
捺染はvanilla koriyamaからほど近い170年の歴史がある工場にて染められ、1点1点わずかなディテールの違いがあるユニークなアイテムとなります。

bottoのために作った桐のフレーム

botto専用設計のフレーム

主材は桐。826STANDARD UNITのボックスを製造する新潟県の工場にて作られています。できるだけ少ない部材でセットできるようネジやボルトを使わないミニマルなデザインに設計しました。

アートを邪魔しない細く丈夫なグレーの紐

細く丈夫なグレーの紐

昔から巾着などにも用いられる江戸打紐は細かく編み込まれており、細い割に丈夫でわずかに伸縮性があります。 カラーはライトグレー。アートの邪魔をせずフレームとの相性を優先しました。

紙のポスターにはない柔らかさ

ぼーっとするためのアートだからこそ、ファブリックの柔らかさがちょうどいい。
障子のように湿度によってシワが出たり、ぴんと張ったり。日によって表情が変わるところが一般的なポスターとは違うおもしろさ。
ずっと空間に浸透するようにベースの生成りにもこだわりました。
シワが気になる時はフレームを横にスライドさせてファブリックを外し、スチームアイロンをかけることもできるのが捺染の良いところでもあります。

アートを邪魔しないピン

bottoは500gと、とても軽いアイテム。
そのため、付属している細いピンで十分に掛けられます。
壁に対して斜め下に向かって打ち込むことでより強くなり、抜いた後の穴も目立ちにくくなります。
存在を極力消すことで、ぼーっと眺める時間を邪魔をしません。