大きさと質感のちがう2つのクッションにはさまれる

背中には少し大きめ、
マットレスのようなしっかり目のクッション。

お腹にはぬいぐるみのように、
抱きかかえたくなる小さめクッション。

気持ちのよい2つのフワフワに挟まれて、
私は僕は、くつろぎのサンドイッチになる。

サンドイッチクッションならKチェアでも寝れる

はさまれて

カリモク60ロビーチェアが極上になる

いつも、いっしょ

サンドイッチクッションはカリモク60のために作られました

長時間座ると木枠が少し痛い

開発エピソード / 01
長時間は、ちょっと角があたっちゃう。

カリモク60のKチェアもロビーチェアも座面のクッションはとてもいい感じ。でも、シンプルでコンパクトだからこそ背もたれはちょっとだけ木枠を感じる硬さ。長時間座っているとちょっと痛いという意見もありました。

大きさの違う2つのクッション

サンドイッチクッションが目指したのは、はさまれた時についつい声をあげてしまう心地よさ。触れる体の部位に合わせて最適な大きさを計算しました。一般的なクッションは45cm角という大きさですが、それだと背中とソファの間で少し動いてしまいます。なので一回り大きめにし、軟質チップウレタンをを使ってマットレスのようなモチモチとした質感に。一方抱えるためには少し小さめでふわふわと柔らかい方が良い。そう、ぬいぐるみみたいな感じのクッションです。
"もっちり"と"ふわふわ"に、癒されてくださいね。

読書やゲームの位置が決まる

開発エピソード / 02
ふたつあるから、落ち着ける。

ソファでスマホやゲームや読書をすると、視線が下がって肩こりが…。クッションをお腹に抱えることで腕が高い位置にキープできるからとても楽。でも腰のあたりにもクッションがないと不安。だからふたつなのです。

フワフワの小さい小クッション
トムグレー
しっとりどっしりの大きい大クッション
トムグレー
サイズと重量
高さ
38cm
高さ
48cm

38cm

48cm
厚さ
16cm
厚さ
20cm
重量
約430g
重量
約700g
中材の素材
粒綿
サンドイッチクッションSの粒綿
ウレタンチップ
サンドイッチクッションLのウレタンチップ
※新しい素材に変更になりました
カバーの素材
ポリエステル100% ポリエステル100%
カラーバリエーション
ムギホワイトムギホワイト  ムギホワイトムギホワイト 
トムグレートムグレー トムグレートムグレー
ルナブラックルナブラック ルナブラックルナブラック

ロビーチェアのモケットグリーンにはムギホワイトがオススメ

サンドイッチクションはミストグレーのロビーチェアにもバッチリ

早く家事を終えて寛ぎたい

ブラックブラックのKチェアには濃い目で合わせたい

カリモク60Kチェアモケットに

カリモク60Kチェアモケットに

一人掛けのロビーチェアが最上級の座り心地に

イメージのサムネイル

1/カリモク60ロビーチェア3シーターモケットグリーンに小:ムギホワイト × 大:ムギホワイト

2/カリモク60ロビーチェア2シーターミストグレーに小:トムグレー × 大:ムギホワイト

3/カリモク60ロビーチェア2シーターミストグレーに小:トムグレー × 大:ムギホワイト

4/カリモク60Kチェア2シーターブラックブラックに小:トムグレー × 大:ルナブラック

5/カリモク60Kチェア2シーターモケットグリーンに小:トムグレー × 大:ムギホワイト

6/カリモク60Kチェア2シーターモケットグリーンに小:トムグレー × 大:ムギホワイト

7/カリモク60ロビーチェア1シータースタンダードブラックに小:ムギホワイト × 大:ルナブラック

フランネルソファにも

開発エピソード / 03
もちろん、カリモク以外にも

背もたれが低めなフランネルソファや、頭を置いて寝転がれなかった木のアームソファでも快適さは変わりません。床や畳に寝転がる時でもこの硬さのクッションは大活躍!子供たちの座布団代わりにも。

作り手からのメッセージ

作り手はアラフォーの二人

自分がサンドイッチになる。
そんな企画案を聞いてから完成まで1年近くかかりましたね。あちこち工場を巡って細かい修正を重ねたおかげでめちゃくちゃ良く仕上がりました!職人の方々のアドバイスもとても参考になりました。このやみつき感を是非味わっていただきたいです。一度使ったら無しではいられなくなりますよ。ぜひ、みなさんにもサンドイッチになってもらいたいと思います。

村上 博/vanillaマネージャ ー

ロビーチェアを10年近く使っているんですけれど、映画を1本見ると少し背中が痛かったんすよね。ソファは、そうそう買い替えるものではないので、気に入った物を長く使いたいじゃないですか。だから何時間でも座って、寝て、映画を見て、とソファの上で1日過ごせるようなクッションを作りたかったんです。一度使うと手放せなくなるので結構中毒性の高いアイテムに仕上がったと思っています(笑)。

和田健司/コンセプター

仕事が丁寧な日本の職人

全てが安心のメイドインジャパン

サンドイッチクッションは全てが日本製。クッションの中身もカバーも、製造をお願いする工場で職人の方と顔を合わせて何度も打ち合わせを行い、アドバイスもいただきながら作り上げました。 自信を持って安心をお届けいたします。


仕事が丁寧な日本の職人

サンドイッチクッションはカバーが外せるクッション

サンドイッチクションは縫い込みの一体型ではなく、カバーとヌードに分かれるタイプのクッションです。汚れたらカバーだけ洗濯できるからいつでも清潔にお使いいただけます。

素材について

ヌードクッションもオリジナル

ヌードクッションもオリジナルで作りました

サンドイッチクッションの中身(ヌード)は既製品ではなく、コンセプトに合わせ2種類のオリジナルで作成。素材、ブレンド率、重さなど、実際に使いながら微調整を繰り返して納得できるものになりました。

艶感と伸縮性があるカバーもオリジナル

ウールのような肌触りでお手入れも簡単

カバー生地は国内の生地メーカーのオリジナル品。ポリエステル100%で洋服にも使われるウール調のファブリックです。シワになりにくく伸縮性もあり手触りの良い生地。洗濯機で洗えて乾きが速いのも嬉しいポイント。

9件中 1-9件表示
9件中 1-9件表示