カリモク60のすべて|カリモク60とは

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > 企画・特集 > カリモク60のすべて|カリモク60とは

カリモク60(カリモクロクマル)は日本最大級老舗家具メーカー、「カリモク家具株式会社」が作るアイテム。
1960年代から廃番になることなくずっと作り続けられているKチェアやロビーチェアを筆頭に、多様化する現代のスタイルに違和感なく溶け込む『普遍的デザイン』が注目を集めています。
過去から現在、そして未来でもカッコ良く使える家具ブランドです。

過去30日間のカリモク60人気ランキング(毎日更新)

カリモク60とは

カリモク60とは、カリモク家具株式会社が1960年代から情熱を込めて作り続けているシンプルで品質が良く普遍的と言える家具を、60VISION(ロクマルヴィジョン)というプロジェクトに賛同し2002年に改めて位置づけられたブランド。
『変わり続ける現代だからこそ変わらない価値を持つモノ』をコンセプトにした、古くて新しいブランドです。

60年代が生み出したデザイン

カリモク家具のカタログ1960年代という時代は、東洋の奇跡と呼ばれる高度経済成長期の時代。
現代のようなユーザーのニーズを考えたマーケティングという考え方が一般的ではなかった時代。
この頃のモノづくりは、世界に通用するモノを生み出すべく熱い思いが形になっていました。
当時、ミシンのテーブル部分やテレビの木枠部分などの木製部分を生産していた刈谷木材が、洋風家具の生産を開始。これがカリモク60の原点となります。
カリモク60のアイテムを見て何かを感じるならば、それは当時のモノづくりへの情熱であり、色褪せることのないスタンダード、定番、普遍性の魅力かもしれません。
左の写真は1980年に作られた当時のカタログです。年期の入った表紙ですが、中身は今でもドキドキする何かを感じます。
VANILLAでは、カリモク60を大切に販売すること、作り手の情熱を伝えていくこと、永く使っていただくことが価値を守ることになり、ロングライフデザインであり続ける大切なことと考えます。
  • カリモク家具カタログ
  • カリモク家具カタログ
  • カリモク家具カタログ
  • カリモク家具カタログ
  • カリモク家具カタログ
  • カリモク家具カタログ

目次部分へもどる

量産とは名ばかり!
カリモク60は人が作る国産の家具

カリモク60のアームの塗装
カリモク60の職人の手作業

カリモク60の商品は、ひとつひとつ職人による手作り。
とまでは言えませんが、一般的に想像される機械による流れ作業よりもはるかに人の手が加わっております。
むしろ、機械よりも人の方が忙しそうに動いている。実際に工場見学に行って感じた率直な感想です。
大雑把な仕事は機械に任せ、最後は熟練の職人の手によって仕上げられています。職人と聞くと、ご年配の男性をイメージされるかもしれませんが、実は老若男女問わず、高い知識と技術、仕事の早さと正確さを競い、社内の厳しい試験に合格した方を「職人」と呼んでいます。
その無駄の無い手さばきの美しは一見の価値があります。
だからこそ、たとえばKチェアのアームのシルエットは温かさを感じるやさしい曲線を持ち、いつまでも触っていたくなるという感覚になるのかもしれません。
メイドインジャパン、確かな技術、充実したアフターメンテナンス。これがカリモク60の家具の大きな特徴です。

目次部分へもどる

木製品は乾燥が命。
カリモク60は時間も使っています

ラバートリーの乾燥

反りや割れの生じない木製の家具づくりは最適な乾燥が不可欠。
ただ乾燥させればいいわけではありません。
カリモク60に使われる木材は、3〜6ヶ月もの天然乾燥ののち、理想的な含水率まで人工乾燥を行い、その後また3ヶ月間のシーズニング(環境になじませる)でようやく加工できる状態に仕上げます。
木を知り尽くした乾燥技術の高さが、狂いや割れが生じない良い家具づくりにつながります。
良いものづくりをモットーにする国産家具メーカーだからできることです。

カリモク60工場内での乾燥

目次部分へもどる

人に優しい家具カリモク60

カリモク60は業界最高水準の『F☆☆☆☆』

カリモク60のアイテムはすべてが安全基準
「F☆☆☆☆」。エフフォースターと読みます。
エフフォースターとは、シックハウス症候群対策として2003年に建築基準法で設けられた安全基準です。
☆の数4つが最高ランクで、ホルムアルデヒドの排出量が最も少ないことを意味します。
現在、家具の製造においてはフォースターは義務づけられておりませんが、カリモク60を含めカリモクの家具は全て、F☆☆☆☆の材料、塗料、接着剤を採用しております。
しかし、これだけではF☆☆☆☆を名乗ることはできません。工場自体が同じ環境である必要があります。
義務ではないのにこの徹底ぶり。とてつもない企業努力です。
そのため、瞬間接着剤のような揮発性接着剤も使用しておりません。短時間で接着できることは生産効率も良くなるはずですが、何倍もの乾燥時間が必要となっても、人に優しいものづくりを優先しています。このこだわりにも脱帽です。

目次部分へもどる

類似品が存在するらしいが・・・
真似できないコストパフォーマンス

人気があれば必ず類似品が登場します。それが現代社会のビジネスとも言えます。例えばイームズチェアのように。
実は、カリモク60Kチェアにも類似品が多数存在するようです。
ですが、考え方を変えれば類似品が登場する程ユーザーからの人気が高いアイテムと考えることもできます。
ある意味、背中を押される現象かもしれません。
しかし、オリジナルよりもはるかに安くなければならないという条件で登場した類似品は決して中身まで真似はできないはず。現在のカリモク60の各アイテムの価格は、作り手の熱い情熱、失敗や成功の経験を含む深い歴史があって初めて実現しているコストパフォーマンスです。
表面がどんなに酷似していてもそれはカリモク60とは全く異なるアイテムに違いありません。カリモク60は正規販売店でご購入ください。もちろん、当店バニラも正規販売店です!

目次部分へもどる

温故知新。DNAを引き継ぐ
カリモク60+ (プラス)

カリモク60は今もなお進化しています。
60年代から存在するKチェアやロビーチェア、サイドボードなどのデザインDNAを受け継ぎながら、現代に合った新しいアイテムが少しずつ誕生しています。
遠い将来にロングライフデザインとして残すべく、妥協のない思いから「カリモク60+(カリモクロクマルプラス)」として少しずつ加えられています。当時と同じような情熱をもったものづくりが今も続いています。

目次部分へもどる