イームズチェア ヴィンテージと現行モデル徹底比較

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > 企画・特集 > イームズチェア ヴィンテージと現行モデル徹底比較

ヴィンテージ徹底比較1
ヴィンテージ徹底比較2

1950年代から製造されているイームズ シェルチェア。
現在市場には3種類のシェルチェアが流通しています。

1950年代〜90年代までに製造された「ヴィンテージ」
ハーマンミラー社で現在製造されている「現行モデル」
そして「レプリカ」の3種です。

ここではシェルチェアの歴史に触れつつ、
現行モデルとヴィンテージの違いについて語ります!

※レプリカに関しては 【イームズチェア オリジナルとレプリカイームズ徹底比較】を参照ください。

シルエットそもそもシェルチェアって?

ヴィンテージ グリーンとイエロー

1940年代からデザイン活動をしていたイームズ夫妻は成形合板以外の素材でチェアを作成しようとしていました。当初は金属で「シェル(背座一体型)チェア」を作ろうとしていた彼らでしたが、そんな彼らの前に新しい技術・素材が現れます。

それは「FRP」 という、ガラス繊維で補強したプラスチックで、第二次世界大戦中に米軍が開発した素材でした。金属よりも軽くて丈夫な上ローコスト。技術が発達したおかげで、1950年、イームズの代名詞とも言えるシェルチェアが誕生したのです。
誕生から現在までにいたるまで、一般家庭から公共施設と様々な場所で使われたシェルチェアは、数種類のレッグのタイプやカラーバリエーション、さらにはファブリックの有無など何通りもの個体が市場に流通しました。

シルエット名前を知る

サイドシェル、ベース、グライズ、ショックマウント・・・・などなど、シェルチェアを語る以前にまず色々な名称を覚えなければなりません。

まずは形です。肘掛けの有無で名前が変わります。
左が「サイドシェル」、右が「アームシェル」です。

サイドシェル アームシェル
サイドシェル アームシェル

次に各パーツの名称です。
「シェル」と「ベース」の2つの部分に大きく分けられますが、さらにベースの接地面に「グライズ」、シェルとベースを接続するための「ショックマウント」というパーツが存在します。
写真はヴィンテージを使用していますが、現行モデルになるとショックマウントはシェルと一体成形になります。
各部分名称

シルエットベースの種類

シェルチェアには用途に合わせて数種類のベースが開発されました。
現在まで作られているタイプもありますが、中には現行モデルでは廃盤となってしまった物もあります。ちなみにヴィンテージのレッグは経年変化により損傷が激しいものが多いため、現在では日本国内でオリジナルをもとに製作されたレプリカのベースを付けて販売する方法が主流となっています。

エッフェルベース 【エッフェルベース】
DSR、DARのベース。
エッフェル塔のような見た目で、現在では1番オーソドックスなベースです。
ドゥエルレッグベース 【ドゥエルレッグベース】
DSW、DAWのベース。
木製の脚部が特徴です。木の耐久性がプラスされる事でエッフェルベースよりもシンプルな足回りです。その外見から木製家具との相性が良いです。
Hベース 【Hベース】
DAX、DAXのベース。
数種類あるベースの中で、1番シンプルな形状。元々はX型をしていましたが、強度改善のためH型に変更になりました。DSX、DAXの「X」はその名残です。
スタッキング 【スタッキングベース】
DSSのベース。
公共施設などで使われる、重ねて収納(スタッキング)ができるベース。横にフックがあるので連結もできます。 フォルム上アームシェルには使えないベースです。
キャッツ 【キャッツクレイドルベース】
「あやとり」という意味のベース。低めの座面とワイヤーを組んで設計されているため、LTRTやETRTとの相性が良いです。写真はサイドシェルですがアームシェルに付けられることが多いです。
キャスター 【キャスターベース】
PSCC、PACCのベース。
約12cmの高さ調整が可能で、回転もスムーズ。座面高をかなり低めに設定できたため女性にもおすすめでしたが、残念ながら現行モデルでは2009年12月に廃盤となりました。
ロッカー 【ロッカーベース】
ロッキングチェア用のベースです。ほとんどはアームシェルチェアに使われますが、もちろんサイドシェルに付けることもできます。現行モデルではアームシェルのみの設定となります。

シルエット価格

価格面では現行モデルのほうがリーズナブルです。ヴィンテージはシェルだけで現行品と同じ位の値段の場合もあり、状態、シェルの色、ファブリックの有無、さらにベースのタイプによって価格は変動します。

シルエットヴィンテージ:年代別シェルの特徴

長い期間製造されていたシェルチェアには年代別の特徴があり、それぞれの特徴から大きく分けて1st、2nd、3rdと分けられます。

■1st 1953〜1955
シェルの製造をゼニスプラスチック社、販売をハーマンミラー社が担当。
座面裏にゼニスプラスチック社のステッカーが貼られています。
当時高価だったプラスチックの使用をおさえるため、他年代と比べ最もグラスファイバーが多く使われており、シェルがやや薄くなっています。

■2nd 1955〜70年代頃
製造・販売をハーマンミラーが担当。
シェル裏側にはハーマンミラー社のロゴと大文字の社名のエンボス(刻印)が入っています。
ベースを固定するマウントポジションが2種類(ナローマウントポジション、ワイドマウントポジション)あり、計8カ所のマウント接着位置を持ちます。シェルの補強、張り地用パイピングを留めやすくするためにエッジが1stよりも深くなっています。
※今回の比較にあたり、撮影はこの2ndモデルを使用しました。

■3rd 1970年代〜90年代頃
ロゴのエンボスが無くなり、大文字だった社名が楕円の枠の中に小文字で表記されるようになります。マウントポジションはナローマウントポジションに統一され、グラスファイバーの量は他年代に比べ大幅に削られています。

シルエット素材

当初シェルチェアはFRP素材で作られていましたが、この素材はリサイクルができないなど、環境問題への配慮により製造を一旦中止せざるを得ない状況になりました。

しかし、その後ポリプロピレンという、現在のシェルチェアに使われているリサイクルが可能な素材を使い、ドイツのヴィトラ社がシェルの製造を開始。そして2010年末より製造元がヴィトラ社からハーマンミラー社に変更となりました。

FRP製のヴィンテージシェルには表面にツヤがありグラスファイバーが見えます。
それに対しポリプロピレン製の現行モデルは表面はつや消しのマットな仕上げとなっています。現行モデルのほうが柔軟性があり、軽く叩いたときに現行は「コンコン」と鈍い音、ヴィンテージはグラスファイバーの固さを感じる「カンカン」と高めの音がしました。

シルエット寸法

■幅の違い

比較:幅

正面から。微妙ですが、幅はややヴィンテージが広いです。 座面の角度ですが、見た目には現行モデルが下向き、ヴィンテージが上向きといったように感じられます。

■座面・全高の違い

比較:座面

真横から。やはり座面に大きな差が出ます。
ヴィンテージに比べ現行モデルは座面前方の隆起から、座面奥の一番低い所への落差が小さくなりました。
このため太ももに当たる部分がヴィンテージに比べて低くなり、日本人の体型にもカバーできるようになりました。これはヴィンテージが当時アメリカ国内での販売を専門にアメリカ人の体型に合うサイズで製造されていたのに対し、現行品はアメリカ国外にも販売の目を向けられるようになったためです。

■エッジの違い

ヴィンテージのエッジ 現行モデルのエッジ

今回撮影に使用したヴィンテージシェルは2ndモデルのため、エッジの反りが現行のものに比べて深く大きいです。
ヴィンテージは素材の薄さをカバーし、強度を上げるためにエッジを深くしていましたが、現行モデルは素材の改善と厚みが増し、全体の強度が上がったためエッジの加工が最小限で済むようになりました。

■裏面の違い

ヴィンテージの裏面 現行モデルの裏面

ヴィンテージシェルにはショックマウントが接着されています(今回撮影に使用したヴィンテージは2ndモデルのためエンボスは大文字の社名とロゴ、8カ所のマウント接着位置が確認できます)。
対して現行モデルはマウントが一体型となり、その部分にナットが埋め込まれています。ヴィトラ社からハーマンミラー社への製造元変更によって裏側のデザインにも変更があり、枠の中にハーマンミラー社のロゴ、イームズオフィスのロゴ、イームズのサインが横並びに配置されています。

シルエットどっちを選べば良いの?

以上がヴィンテージと現行モデルの違いです。
ここまで読んでくださった方はこう思うはずです。「最終的にどっちを選べば良いの?」と。これは使う方の目的によってどちらが良いかは変わってきます。

例えば「毎日ガンガン使いたい!」、「一度には買えないけど、どんどん同じ色を増やしたい!」そんな人には現行モデルがオススメ。ヴィンテージはやはり製造されてから年数が経っていますので、耐久面では現行モデルには劣ります。また同じ色・同じ状態の物を探すことは難しいため、数を揃える面でも現行モデルにメリットがあります。

ですが、かと言ってヴィンテージが劣っているわけではありません。
数十年経ったからこそ出てくる独特の雰囲気で、ポンとオブジェのようにも使えます。
「買うなら元祖のモデルを買いたい!」 これは現行モデルには出せない味だと思います。

素材や形を変え、時代と共に改良、いわば進化を続けてきたモダン(近代)デザインの象徴とも言えるシェルチェア。ヴィンテージを「古き良きもの」とするなら現行モデルは「次の時代に向けた今のもの」と言えるかも知れません。

古いから格好いいヴィンテージと、
「今」のデザインを自分で10年後のヴィンテージに育てる現行モデル。

どちらもそれぞれ良い所があります。
どのようにお気に入りの家具と向き合うか。
自分が1番満足できるモデルを選んでいただければと思います。

バニラのイームズに関する特集記事!

やっぱりイームズが好き!イームズの家具 間違いない!イームズ
スタイルを選ばない時代を超えたデザイン!
やっぱりイームズの家具が好きなんです!
イームズチェアの持つ意外な魅力をご紹介!
イームズがあなたの人生を変える!?
レプリカとオリジナル徹底比較 チャールズ&レイ イームズの歴史
イームズチェアのオリジナルとレプリカ徹底比較!
コレを見れば違いのわかる達人になれる。
多くのデザイナーに影響を与え続けるイームズ夫妻。2人の歴史がここで分かります!