Vitra(ヴィトラ) シェーズトゥボワジャパンハイト(Chaise Tout Bois SH43cm)

vitra シェーズトゥボワとスタンダードチェア

ジャン・プルーヴェの特別な1脚

フランスを代表するデザイナー(建築家・建設家)ジャン・プルーヴェ。
その彼がデザインした家具で最も有名と言っても過言ではないスタンダードチェア。このスタンダードチェアにかつて全て木素材で作られたモデルが存在したことはご存知でしょうか。
名前は「シェーズ トゥ ボワ」。英語で言うところの「オールウッドチェア」。
このジャン・プルーヴェ作品の中で唯一、素材が全て木で作られた特別な1脚が2020年の秋、復刻となりました。

vitra シェーズトゥボワジャパンハイト

プルーヴェ for ジャパン

そして復刻から約2年。日本人向けに座りやすい座面高43cmの特別仕様が登場しました。
プルーヴェの構造哲学を反映したフォルムはそのままに、デザインを楽しみながら座り心地を考慮した仕様です。定番のスタンダードと並べてもよし、ご夫婦で高さ違いで並べるシェーズトゥボワがある暮らしを楽しむのもよし。座り慣れた43cmはスッと私たちの生活に馴染んでくれます。

vitra シェーズトゥボワはゲリドンバスとも合わせやすい
vitra シェーズトゥボワはナチュラルオークとダークオークの2色

オールウッドのスタンダードチェア

スタンダードチェアの歴史は1934年に原型chaise No.4が誕生したところから始まり、その後1950年にメトロポール No.305という椅子を製作します。これがvitra社が現在製作しているスタンダードチェアのオリジナルです。
そしてこの間の1941年、第二次世界大戦中は金属が満足に使えない状況に陥りますが、プルーヴェはフレームを木に置き換えてシェーズ トゥ ボワを製作します。
そして今回復刻されたモデルは1941年のネジを使わないデザインを忠実に再現。大きさや座面の高さは現代の暮らしに合わせて調節され、カラーも当時個別の要望に応えて製作されたダークステイン仕上げをバリエーションに加え、ナチュラルオークとダークオークの2色で展開されます。

温もりあるオールウッドのダイニングに

マルニ60のラウンドテーブルとシェーズトゥボワ
左:通常仕様(SH46cm)のシェーズトゥボワ/右:ジャパンハイト

マルニ60のラウンドテーブルとシェーズトゥボワ

せっかくのジャパンハイトなら日本デザインのテーブルと使ってみる。日本のデザインで多く見られる高さ70cmのテーブルとは相性が抜群です。ご家族の体格差にあわせて定番のシェーズトゥボワと並べてもデザインの統一感も問題なし。(テーブルはマルニ60のラウンドテーブル。)


変わらないデザイン

vitra シェーズトゥボワ座面高の違いvitra シェーズトゥボワ座面高の違い

高さが変わってもデザインのディテールに変わりはありません。金属などのパーツは使わずに全て木製。ホゾや継ぎの構造がそのまま美しさとして表現されています。

座面の高さの比較

vitra シェーズトゥボワ座面高の違い
ジャパンバイト(SH43cm)

vitra シェーズトゥボワ座面高の違い
通常仕様(SH46.5cm)

定番のシェーズトゥボワの座面高は46.5cm。こちらのページで紹介しているシェーズトゥボワジャパンハイトは座面高が43cm。たった3.5cm、でもその寸法以上に体感では違いがあります。

在庫あります!

商品番号 VTR-0466

Vitra(ヴィトラ) シェーズトゥボワジャパンハイト(Chaise Tout Bois SH43cm)

  • 即納可能
  • 送料無料
  • 5%
販売価格 ¥ 108,900 税込
[ 4,950 ポイント ]
送料個別
カラー
  • ナチュラルオーク
  • ダークオーク

※沖縄・その他離島は別途送料加算→

納期

最短、翌営業日の出荷です。

  • ※14時30分以降、または定休日のご注文は翌々日営業日の出荷となります。
  • ※お振込の場合は入金確認日の翌営業日出荷となります。
  • ※ご注文確定後(納期にご了解いただき、決済が完了したご注文)の変更やキャンセルはお受けいたしかねます。十分にご検討ください。

商品スペック

サイズ 幅46.0 奥行49.0 高さ80.5cm
座面高43.0cm
素材 背部/座面:成形合板(オーク材)
脚:オーク材
その他