チャールズ&レイ イームズの歴史(詳細)

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > 企画・特集 > チャールズ&レイ イームズの歴史 > チャールズ&レイ イームズの歴史(詳細)

イームズ夫妻

家具、おもちゃ、建築物・・・様々なデザインを手がけたチャールズ・イームズとレイ・イームズのデザイナー夫妻。20世紀のデザイン業界を牽引し、そして後のデザイナー達に大きな影響を与え続けた2人ですが、ここではチャールズとレイの作品だけでなく、どんな仕事をしてきたか、どんなできごとがあったか、年を追って紹介します。

※アイテムの画像をクリックするとそのアイテムのカート、もしくはカテゴリーへとリンクします。

前のページに戻る

主なできごと
1907年 ミズーリ州セントルイスにて
チャールズ・オーマンド・イームズ誕生。
1912年 カリフォルニア州サクラメントにて
バーナイス・アレクサンドラ・カイザー(レイ)誕生。
レイという名前は子供時代の「レイレイ』に由来する。後年正式にレイ・カイザーへと改名する。
1924年 チャールズ ワシント大学建築科入学
(しかし学校の方針と合わず2年あまりで放校処分となります。)
1929年 チャールズ 最初の妻と結婚
1930年 チャールズ セントルイスで建築設計事務所を開設。
しかし'29年に起こったアメリカ大恐慌により業績は思わしくありませんでした。
1931年 レイ NYに母親と移住。
美術学校に入学したレイはモダンアートに触れ、後の作風の基礎をここで培います。
1935年 チャールズ 2度目に立ち上げた会社で設計した【聖マリア教会】が雑誌に取り上げられます。
そしてその記事がクランブルック美術アカデミーの学長をしていたエリエル・サーリネンの目に止まることとなります。
1938年 サーリネンは特別研究員としてチャールズを学校へ招きます。
そこでチャールズは学長の息子であるエーロ・サーリネン(1910-1961)と出会い、意気投合。ともに作品を作り始めました。
1940年 レイはニューヨークを離れ、クランブルックへ入学、ここでチャールズと出会います。
チャールズとエーロはニューヨーク近代美術館(MoMA)が主催の『住宅家具のオーガニックデザイン』コンペに共同で出展。【オーガニックチェア】を含む椅子や収納、テーブルなどを出展し優勝する。この仕事をレイも手伝いました。
1941年 共通の関心の多さと才能に引かれ合い、5月にチャールズは前妻と離婚し6月にレイと結婚。
シカゴのレイのクラスメイトの家で結婚式を挙げ、そして車でひと月かけてカリフォルニア州ロサンゼルスへと向かいました。
そして同年、転機となるプライウッド製の足の骨折時の副え木【レッグ・スプリント】の開発を海軍から依頼されます。
1942年 レッグ・スプリント5,000本を受注、プライフォームド・ウッド社を設立。
スタッフの中には後にワイヤーチェアのデザインで有名になるハリー・ベルトイアなどが在籍していました。
レイが「アーツ&アーキテクチャー」誌の表紙デザインを初めて手がける。
1943年 海軍からレッグ・スプリントの代金支払いが滞ったため、プライフォームド・ウッド社をエヴァンス社に売却、成形合板部門となります。
ちなみに大戦が集結するまでに作られたレッグ・スプリントは15万個以上(!)。最終的に海軍からは「人命救助に関する感謝状」のみ送られました。
1945年 レッグスプリントなどで培った技術を使って【DSW】【LCW】【チルドレンズチェア】【プライウッドエレファント】などを開発。

イームズ LCW ウォールナット イームズ LCW ナチュラルチェリー

1946年 ハーマンミラー社がイームズによるプライウッド家具の販売権を獲得します。
またこの年、チャールズはアレキサンダー・ジラード(1907-1993)と出会いました。

イームズ DCM ウォールナットイームズ LCM ウォールナット イームズ LCM ウォールナット イームズ プライウッドフォールディングスクリーン

1947年 チャールズがジョージ・ネルソンの推薦でハーマンミラー社のデザインコンサルタントとなりました。
1948年 MoMA主催「ローコスト家具デザイン」コンペに出展、入賞。
この年からハーマンミラー社のグラフィックを手がけることとなります。
【ラ・シェーズ】を製作。
1949年 イームズ・ハウス(ケース・スタディ・ハウス#8)が完成。

イームズ ストレージ ユニット

1950年 金属製のシェルチェアを作ろうとしていたチャールズの前に新しい技術・素材が現れます。
FRP。それはガラス繊維で補強したプラスチックで金属よりも軽くて丈夫な上ローコストな素材でした。
そして技術が発達したおかげで、この年イームズの代名詞とも言えるシェルチェアが誕生しました。

イームズ アームシェルチェア RAR ホワイト イームズ ワイヤーベーステーブル LTRT

1951年 イームズ・ハウスにてイサム・ノグチチャーリ−・チャップリンらを招いた茶会を開催されました。
またこの年、アレキサンダー・ジラードがチャールズの推薦でハーマンミラーに参加しています。
前年に製品化しなかった金属製のシェルチェアですが、製法を変え【ワイヤーメッシュ チェア】として製品化しました。

イームズ ワイヤーチェア

1953年 第3回アスペン・デザイン会議で訪米した剣持勇らと親交を持ちます。
そしてアームシェルチェアに遅れること3年、サイドシェルチェアが誕生します(このときスタッキングベースのDSSはまだ開発されていません)。

イームズ サイドシェルチェア DSR ホワイト イームズ ハングイットオール

1954年 イームズ ソファコンパクト
1955年 【プライウッド フォールディング スクリーン】【イームズ ストレージ ユニット】が生産中止に。

イームズ サイドシェルチェア DSS ホワイト

1956年 徹底的に座り心地を追求した【ラウンジチェア】を製作。

イームズ ラウンジチェア&オットマン

1957年 12月に初来日。後に大規模な展覧会へと発展するIBMとのコラボレーションが始まります。
同年ヴィトラ社がイームズの家具をライセンスで欧州に導入します。
1958年 家具のデザインがオフィス用、公共用中心となっていきます。

イームズ アルミナムグループ マネージメントチェア

1960年 東京の伊勢丹百貨店でハーマンミラー社製品の展覧会開催。

イームズ ウォールナットスツール 411 イームズ ウォールナットスツール 412 イームズ ウォールナットスツール 413

1961年 盟友エーロサーリネン死去
【ラフォンダチェア】製作
1962年 現在のイームズオフィス代表のイームズ・ディミトリオスが誕生。
1964年 ニューヨーク万博のIBMパビリオンでフィルムやデザインを手がける。
【3473ソファ】【セグトメンベーステーブル】を製作。
1965年 この年から展覧会とフィルム製作が活動の中心となっていきます。
1968年 イームズ夫妻が友人だったビリー・ワイルダーのために【チェイス】をデザイン。

イームズ チェイス

1969年 チャールズ、「デザインとは?」展にアメリカを代表するデザイナーとして参加。

イームズ ソフトパッドグループ マネジメントチェア

1970年 大阪万博開催。IBMパビリオンのためにコンピュータ・ハウス・オブ・カードをデザイン。
1971年 【ルースクッション・アームチェア】【2ピース・プラスチックチェア】を製作。
1973年 MoMA「チャールズ・イームズの家具」展を開催。
1975年 イームズによる最大級の展覧会「フランクリンとジェファーソンの世界」開催
1978年 8月21日、故郷セントルイスにてチャールズ・イームズ死去。
その10年後の同日、レイもこの世を去りました。

最近チェックしたアイテム

  • vanillaのfacebookページ
  • vanillaのツイッター
  • vanillaのインスタグラム
  • vanillaのインスタグラム

:休業日
休業日は全業務をお休みとさせていただきます。休業日前日の14時30分以降のご注文やお問い合わせは翌営業日のご連絡となります。

●ご注文やフォームからのお問い合わせは、24時間・年中無休でご利用いただけます。