カリモク60 Kチェア用脚キャップ チェアブーツK ブラウン

カリモク60 Kチェア用脚キャップ チェアブーツK

Love カリモク Love フローリング

カリモク60のKチェアが我が家に来ると、一気にインテリアが変わる。座り心地も上々。
でもみんな、フローリングも綺麗に保ちたいと思うはず。だって、日本人だから。
きっとKチェアの脚の裏だって気になってしまうのでは?
みんなの好きを全部守ってしまおう。それがvanillaオリジナルのチェアブーツKです。

Kチェア専用

かゆい所は足の裏

カリモク60の良さを一言で伝えるなら、普遍性。
つまり、いろんなインテリアシーンに馴染むということ。だからずっと選ばれ続け、使い続けられるのでしょう。
僕たちもずっと好きな椅子です。
たった1つ、届かなかったかゆい所は足の裏でした。

フェルト付き

チェアブーツKの足裏にはフェルトが圧着されています。粘着よりも強い圧着です。優しく繊細な足の裏と、耐久性のある頼もしい脚。まるで象の足のようです。

ピッタリサイズ

カリモクの、精度の高い木工加工技術があるからこそ、大きな誤差もなく綺麗にハマります。

ビュアビーチの足にも

新しく加わったミストグレーのピュアビーチというカラーにも。ブラックよりコントラストが弱くなり、柔らかい印象になりました。

粘着フェルトはずれる

市販の貼り付けるフェルトは、ずれてくる

よくある市販の貼り付けるフェルトは、使っているうちに徐々にずれてきます。経験したことありませんか?
人が座るととても強い圧力がかかるので、さすがの強力粘着テープでも気がつくとノリだけ残して横ずれするケースが多いようです。

ブラックからブラウンに変更

ブラックからブラウンへ

今までチェアブーツはブラック(左)で作っていましたが、より脚に近い色にするためにブラウンに変更しました。また、人気が高まっているピュアビーチタイプの脚(Kチェア ミストグレー)に、ブラックはちょっと強すぎる色でした。

前脚用と後脚用は内側のエンボスで

内側のエンボスで前後を判別

チェアブーツKには前脚用と後脚用があります。内側にF(フロントのF)のエンボスがあるものは前脚用。
R(リアのR)のエンボスがあるものは後脚用となります。


フェルト無しのノンスリップ(滑らないタイプ)が登場

フェルト無しで滑り止めが追加
壁に接していないKチェアに寄りかかったも大丈夫

ノックダウン式(組み立て式)のKチェアは軽さも特徴のひとつ。でも、体がぶつかっただけで定位置からずれてしまうのは嫌、という方もいらっしゃるのでは?また、床に座ってKチェアに寄りかかりたいという人にとっては滑らない方が好都合。そんな時に活躍する、Kチェアを動きにくくするノンスリップタイプ(フェルト無し)が加わりました!

チェアブーツは、Kチェアを静かにスムーズに移動したり、また、それによるフローリングの擦り傷を防ぐためのアイテムです。
屋外やコンクリートのフロア、凹凸やザラつきのある床など、フェルトがスムーズに滑らないような場所ではすぐに破れてしまう場合もございます。

在庫あります!

5.00
11
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    本当に滑らず、ストレスフリーです!! おすすめです!
  • 購入者
    神奈川県 30代 男性
    投稿日
    Kチェアの2シーターにはノンスリップを、1シーターにはスリップタイプを使っています。 1シーターは軽くて頻繁に場所を動かせるのがメリットなので、このチェアブーツのおかげで気兼ねなく色んな場所へ移動させながら使っています。 カリモクのチェアを使っている全ての人へオススメできる商品だと思います。
商品番号 YHK-1995

vanillaオリジナル カリモク60Kチェアオプション カリモク60 Kチェア用脚キャップ チェアブーツK ブラウン

  • 即納可能
販売価格 ¥ 2,346 税込
[ 47 ポイント ]
底面の仕上げ
  • スリップ(フェルト付き)
  • ノンスリップ(フェルト無し)

納期

最短、翌営業日の出荷です。

  • ※14時30分以降、または定休日のご注文は翌々日営業日の出荷となります。
  • ※お振込の場合は入金確認日の翌営業日出荷となります。
  • ※ご注文確定後(納期にご了解いただき、決済が完了したご注文)の変更やキャンセルはお受けいたしかねます。十分にご検討ください。

商品スペック

サイズ 横4.0cm 奥行き3.0 高さ3.4cm
素材 エラストマー、フェルト(ノンスリップはフェルト無し)
その他 日本製の商品です。
カリモク60 Kチェア専用となります。
Kチェアミニには対応しておりません。
4個1セットでの販売となります。
Kチェアの脚は職人の手による仕上げの削りが施されているので若干の個体差がございます。
脚キャップを取り付ける際にキツかったり隙間ができる場合もござますが、取り付け後にKチェアを持ち上げても自然に取れてしまうことはございません。