イームズチェアのオリジナルとレプリカを徹底比較

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > 企画・特集 > イームズチェア オリジナルとレプリカ徹底比較

徹底比較 オリジナルとレプリカの違い
オリジナルとレプリカイームズ

お客様から「イームズシェルチェアのオリジナルとレプリカ(ジェネリック、リプロダクト)の違いを教えてほしい」というご質問をたくさんいただきます。
そこで、お客さまのご要望にお応えするため当店でも実際にレプリカを購入し、徹底的に比較してみました。
これを見ればあなたはイームズチェアの目利きの達人になるかもしれません。

※見やすいブラックで検証してみました。
※レプリカ、ジェネリック、リプロダクトは同義として説明します。

価格

もちろん、レプリカが圧倒的に安いです。この検証時は7,000円程度で購入しましたが、年々安い物が登場しています。
これがレプリカの最大の特徴でしょう。
なぜこの価格で同じものが作れるのかは、このページを最後まで読んでいただければ理解いただけると思います。

匂い

塗装のはがれ
意外にも、レプリカには開梱時に塗装の匂いがありました。どうやら成型後の塗装仕上げのようです。
慣れてくれば気になりませんが、新しいうちは若干ペンキの匂いがします。
よく見るとエッジの部分に下地が見える小さなすりキズのようなものもありました。
ちなみにオリジナルは塗装ではなく、着色された樹脂を成型しているので、そもそも塗装剥がれは起きません。

シェルのサイズ

サイズの違い幅の違い
レプリカの方が若干高さがありました。シェルの最大幅も8ミリほどレプリカが大きいようです。座り心地に影響はないと思います。

座り心地

正直、体で感じられる大きな違いはありませんでした。

色合い・精度

色合い
離れて見るとレプリカの方が引き締まったブラックという印象です。
これは、オリジナルはマット、レプリカはツヤ有りの仕上げのせいかと思います。

イームズチェアの一番の魅力は曲線の美しさです。
そのシェルのシルエットですが、写真の赤丸で囲んだの部分。
オリジナルは照明によってできる陰でさえも美しい曲線を描いています。これは製造行程での絶妙な精度の高さによるものです。レプリカの方は、美しい曲線を描ききれず、歪んで見えています。これは整形の技術までは真似できない証拠になります。
シェルのシルエット
この部分にもレプリカにはいびつな曲線が見られます。

シェル表面

サイズの違いオリジナル
レプリカには光沢があり、オリジナルはつや消しのマットな仕上げです。
触れた時の音を擬音語で表すなら、レプリカは「かさかさ」、オリジナルは「さらさら」といった感じです。

シェルの硬さ

レプリカの音オリジナルの音
レプリカはガラス窓を叩いているような『カンカン』とした硬い音。
おそらく素材の違いでしょう。
オリジナルは『コンコン』と、柔軟性のある音がします。
これで見分けてる人がいたらかなり通です。業界人かもしれません。
街でイームズチェアを見かけたら軽く叩いてみてください。

シェルの素材

上の硬さにも関わってきますが、おそらく一番の違いだと思います。
レプリカはABS樹脂、オリジナルはポリプロピレン(PP)です。
手で持ち上げたときは重さの違いを体感できませんでした。
どちらもすぐれた素材ですが、イスとしては柔軟性のあるポリプロピレンの方が向いていると思います。
ただ、いつかレプリカにもポリプロピレン製が出てくる可能性があります。その時は価格も少し上がるでしょう。

座面うら側の刻印

レプリカの座面うらの刻印オリジナルの座面うらの刻印
レプリカはMADE IN CHAINAとだけ表記。
オリジナルは販売元のハーマンミラーとデザイナー名『Charles & Ray Eames』が表記。 最も簡単に両者を区別できる部分です。

ヴィトラからハーマンミラー

2010年9月より、日本国内で流通するイームズチェアの製造がヴィトラ社からハーマンミラー社に変更となりました。
これに伴い、裏面のエンボスロゴが「Vitra」から「HermanMiller」へと新しく変わりました。

新しいオリジナルの座面うらの刻印
イームズのプロダクトはイームズオフィスが製造や販売の権利を管理しています。
現状、欧米やアジアではハーマンミラーが製造と販売を行っており、ヨーロッパ圏ではヴィトラが担当しています。2010年まではヴィトラが製造と販売を行い、ハーマンミラーはヴィトラで製造したものを販売してましたが、2010年9月からハーマンミラーも製造することになりました。
両メーカーともイームズオフィスから正式に権利を得ている正規品となりますが、2010年以降、日本で流通しているオリジナルはハーマンミラー社製となります。

ベースのデザイン

ベースのデザイン
ベースの交わる位置に差があります。 オリジナルは高く、レプリカは低いです。
明らかにプロポーションが異なっています。個人的には最も気になる部分でした。
離れてみるとオリジナルの方が脚長に見えます。

シェルとベースの接合部

レプリカの接合部オリジナルの接合部
レプリカは径が小さく、目立つ突起です。
ボルトは普通の六角レンチで、簡単に取り外しできるようです。
オリジナルはジョイント部の径が大きくなだらかな突起です。
ボルトはトルクスという星形の特殊なもので、専用の工具がないとはずせません。

ベースの溶接部分

レプリカの溶接部分の仕上げオリジナルの溶接部分の仕上げ
オリジナルは細部まで鏡面仕上げです。
レプリカは全体的に白っぽく、仕上げ不足な印象。また、溶接位置にバラツキが見られます。

グライズ

グライズ
見た目はほぼ同じです。
たまたまかもしれませんが、レプリカには亀裂が入っていました。座った時にできたのかもしれません。
グライズ

2010年、オリジナルのグライズは、2パーツタイプに仕様変更となりました。
簡単には外れない仕様となり、輸送時の紛失などを軽減したと思われます。外観を極力変更せず現代に合わせて今もなお進化していることがわかります。逆に、これも不具合が生じればまた変更になるかもしれません。

●ちなみに当店では、グライズの裏面(床との設置面)に市販のフェルトを貼って使うお客様が多いことから、イームズチェア専用のグライズキャップを作りました。粘着テープで貼る市販のフェルトよりもはるかに長持ちするものです。

まとめ

今回実物を比較して気がついたオリジナルとレプリカの外観の違いは以上です。
ここまで読んでいただいた方は、刻印を見なくても区別できるイームズ通になったはずです。もし街でイームズチェアを見かけたら、これらを意識して見てみてください。

でも、外観や素材よりも、一番の違いは、購入後の価値観です。
これから先、モノを選ぶ基準はどう変るでしょう。
レプリカの存在が、他に所有しているモノに対してどんな影響を与えるでしょう。
イームズに興味を持った子供はその存在をどう思うでしょう。
節約したお金買った物、どちらが自分にとって価値があるなのでしょうか。

また、本物のサービス上質な素材確かな技術など、こだわりを持って商品やサービスの提供に関わっていらっしゃる方が、オリジナルとレプリカで迷っているならばぜひ、オリジナルを選んでいただきたいと心から思います。
予算的な難しさはわかります。そんな時は、レプリカを選ぶのではなく、予算に見合う他のオリジナルのイスを選んでほしいと感じます。その方がメインとなる商品やサービスのイメージを邪魔しないはずです。

「レプリカだとわかる人はそんなにいないだう」と思われるかもしれません。います!
皮肉にも、レプリカが増えたことでイームズチェアの知名度も上がっています。興味を持った人はオリジナルという源流をちゃんと調べます。
そしてレプリカは今後、増え過ぎたことで価格競争が激化し、大きな在庫なのに薄利という悪循環が起きてくるはずです。

誤解のないように言いますが、「オリジナルのイームズチェアこそ誰に対しても価値あるイス」という意味ではありません。
イームズファンならイームズのデザインに魅せられたならぜひ、外見だけじゃないオリジナルの魅力や価値を知っていただきたいと思います。
もちろん私たちはイームズのデザインが大好きです。

←イームズのトップ イームズの商品一覧→

続編!好評につきダウェルベース(ウッドベースタイプ)についても比較してみました!

←イームズのトップ イームズの商品一覧→