ミッドセンチュリースタイルインテリアには欠かせないデザイナーズマグカップ ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグ

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > Vitra(ヴィトラ) > Vitra(ヴィトラ) コーヒーマグ

ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグはアレキサンダー・ジラードデザインが取り入れられた日常に中の用の美

アレキサンダー・ジラードが過去に手がけたレストランのコンセプトデザインの中からインスピレーションを得たモチーフがあしらわれたコーヒーマグ。
LOVEの文字がハートに浮かび上がったかわいらしいミッドセンチュリー間のあるデザインがポイントです。レッドとゴールドで揃えて飾りたくなるデザイン。

ミッドセンチュリーを代表するテキスタイルデザイナー アレキサンダー・ジラード

1907年 アメリカ合衆国ニューヨーク州生まれ
ヨーロッパに移住後に建築を学び1949年ににはデトロイト美術館にて「For Modern Living」を監修。
また、当時チャールズ・イームズとの交流も始まる。デザインしていたラジオキャビネットが偶然にもそっくりであったことや、ジラードもプライウッドチェアを手がけていたことから親交が深まった。
その後1952年には親交のあったチャールズ・イームズとジョージ・ネルソンによってハーマンミラーに招かれ、テキスタイル部門デザインディレクターに就任しオフィスやレストラン公共スペースなどのあらゆるデザインを手がけた。
1959年にはニューヨークのレストラン、ラフォンダ・デル・ソロにて内装やグラフィック、食器、スタッフのユニフォームなど全てをジラード自身がデザインを手がけたことで名声が高まり、1960年代半ばにはブラニフ航空のためにロゴからラウンジファニチャーまでなんと17,543点ものアイテムのデザインを手がけた。
ハーマンミラーでテキスタイル部門を率い表現の自由を得たジラードが生み出したテキスタイルデザインは、配色、ウォールペーパー、印刷物、ファニチャー、オブジェクトなど、300点を超え、いまなおそのデザインは数多くの名デザイナーに影響を与えています。

ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグ アレキサンダー・ジラードデザインを書斎でペン立てとして使う

ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグ アレキサンダー・ジラードデザインでコーヒーブレイクを楽しむ

ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグ アレキサンダー・ジラードデザインを植物を飾ってプランターとして楽しむ

ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグ アレキサンダー・ジラードデザイン ゴールドカラーについて

日常使いするからこそ「用の美」を取り入れて欲しい

白地のシンプルなコーヒーマグにアレキサンダー・ジラードの「LOVE」のロゴがあしらわれたシンプルなデザイン。
日常の中でコーヒーブレイクを楽しむ時にデザイナーズマグを使って過ごすことでちょっとだけいつもの時間が贅沢に感じることが出来ます。私はコーヒーが好きでしたが以前は専らインスタントばかりだったのですがKONO(コーノ) ドリッパー セット2人用 ウッド(桜)を購入してからと言うもの徐々にコーヒーミルやコースターと、せっかくなのでこだわったお気に入りのアイテムを揃え始めました。
全てを一気に揃えた訳ではありませんが、徐々にコレクションして行くようにこだわりのアイテムを揃えて行きました。
そしてたどり着いたコーヒーマグ。どうせこだわって揃えたお気に入りのコーヒーセットでコーヒーを楽しむなら、マグカップだって良いものを使いたいと思っていました。
この「LOVE」の元々のデザインは1972年当時の一般のオフィスに個性を取り入れると言ったテーマのもとシルクスクリーンのパネルにジラードがデザインしたものだそうです。そう考えると現代のオフィスでちょっとした遊び心のあるマグを使ってコーヒーを飲むことも時代を超えてジラードの精神を感じられるアイテムだと感じます。

商品スペック・納期

サイズ φ7.5 高さ9.5cm
素材 磁器
納期
その他
ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグ
ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグ
ヴィトラ(Vitra) コーヒーマグ

Vitra(ヴィトラ) コーヒーマグ

即納可能

商品番号 VTR-8658

2,160円(税込)

[ 43ポイントプレゼント ] ※要会員登録

カラー ゴールド レッド
  × ×

現在入荷待ちの状態です。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

アレキサンダー・ジラードが過去に手がけたレストランのコンセプトデザインの中からインスピレーションを得たモチーフがあしらわれたコーヒーマグ。LOVEの文字がハートに浮かび上がったかわいらしいミッドセンチュリー間のあるデザインがポイントです。
コーヒーマグとして使うのも良いですが小さめの植物などを植えてちょっとしたプランターとして飾ってインテリアとして楽しむのもオススメの使い方。