ミッドセンチュリースタイルインテリアには欠かせないデザイナーズオブジェ ヴィトラ(Vitra) メタルウォールレリーフ サン

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > 雑貨 > Vitra(ヴィトラ) メタルウォールレリーフ サン

アレキサンダー・ジラードがデザインした浮かび上がる圧倒的な存在感のメタル ウォール レリーフ サン

アレキサンダー・ジラードがサンタフェにある自邸に飾るために自身でデザインを手がけたメタル ウォールレリーフ「SUN」圧倒的な存在感はインテリアの中でも一際目を引くデザインです。

ミッドセンチュリーを代表するテキスタイルデザイナー アレキサンダー・ジラード

1907年 アメリカ合衆国ニューヨーク州生まれ
ヨーロッパに移住後に建築を学び1949年ににはデトロイト美術館にて「For Modern Living」を監修。
また、当時チャールズ・イームズとの交流も始まる。デザインしていたラジオキャビネットが偶然にもそっくりであったことや、ジラードもプライウッドチェアを手がけていたことから親交が深まった。
その後1952年には親交のあったチャールズ・イームズとジョージ・ネルソンによってハーマンミラーに招かれ、テキスタイル部門デザインディレクターに就任しオフィスやレストラン公共スペースなどのあらゆるデザインを手がけた。
1959年にはニューヨークのレストラン、ラフォンダ・デル・ソロにて内装やグラフィック、食器、スタッフのユニフォームなど全てをジラード自身がデザインを手がけたことで名声が高まり、1960年代半ばにはブラニフ航空のためにロゴからラウンジファニチャーまでなんと17,543点ものアイテムのデザインを手がけた。
ハーマンミラーでテキスタイル部門を率い表現の自由を得たジラードが生み出したテキスタイルデザインは、配色、ウォールペーパー、印刷物、ファニチャー、オブジェクトなど、300点を超え、いまなおそのデザインは数多くの名デザイナーに影響を与えています。

アレキサンダー・ジラードがデザインした浮かび上がる圧倒的な存在感のメタル ウォール レリーフ サンは光の抜けも含めてデザインされている

顔に当たる部分は塗装ではなくくりぬかれているので、照明やスポットライトなどを当てると後ろの壁に顔が浮かび上がります。普段は目に触れることはありませんが、こうした抜けのデザインにもアレキサンダー・ジラードの遊び心を感じます。

アレキサンダー・ジラードがデザインした浮かび上がる圧倒的な存在感のメタル ウォール レリーフ サンは経年編かも楽しめる

本来表面は美しい鏡面仕上げですが、素材が真鍮無垢を使っているので人が触れたりすることで時とともに酸化が進み変色してきます。これも汚れではなく素材にあえて真鍮を選び、時の経過すらも含めてデザインとして楽しんだジラードの心を感じるポイントです。

商品スペック・納期

サイズ φ60.0 高さ6.0cm
素材 真鍮
納期
その他 2年間のメーカー製品保証付き
ヴィトラ(Vitra) メタルウォールレリーフ サン
ヴィトラ(Vitra) メタルウォールレリーフ サン
ヴィトラ(Vitra) メタルウォールレリーフ サン

Vitra(ヴィトラ) メタルウォールレリーフ サン

送料無料

商品番号 VTR-8659

139,320円(税込)

[ 2,786ポイントプレゼント ] ※要会員登録

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

アレキサンダー・ジラードがサンタフェにある自邸に飾るために自身でデザインを手がけたメタル ウォールレリーフ「SUN」圧倒的な存在感はインテリアの中でも一際目を引くデザインです。